サクセスブロッサムイメージ
 

 チーム力向上研修【経営者・営業所長・マネージャー様】 

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
クライアント企業様の経営者様・営業所長様・マネージャー様からお寄せいただいたお声の中から、
ご了承を得て一部のみ掲載させていただいております。

・以前大手研修会社に依頼したことも何度かありましたが、いざ我が社ではどうしたら?という質問に対してはいずれもノーコメントでした。貴社に依頼して、問題点、改善策、人間関係・・・すべて我が社の等身大サイズで見ていただけたこと、我が社ならではの目指す方向性でアドバイスいただけたこと、それが我が社の業績アップに繋がりました。

・既成の研修カリキュラムやパターン化されたプログラムではなく、各現場ごとの特徴や一人ひとりの社員の個性を活かした研修内容にアレンジしていただいた。どの現場も年間計画で依頼したが、最初の三ヶ月間の○○の時期も事前に伺っていたため、信頼してお任せすることができた。あらゆる視点からの鋭いアドバイスと創意工夫で、毎回飽きることのない学びの研修でした。

・社内で見えていると思っていたこと、自分が部下を見ていると思ってきたこと、それが外部講師に入っていただくことで、いい意味で裏切られました。知りえなかったところまで気づかせていただけたことで、社員をさらに身近に感じることができるようになりました。

・講師と経営者と担当者が、毎回の課題や状況をしっかりとシェアすることで、テーマや視点をすりあわせ、一緒に社員教育をしていけた点がとてもよかったです。

・各部署のチーム力向上研修と並行して、各地域の営業所長を対象としたリーダー研修も行っていただきました。部署ごとの研修だけでなく、このような各営業所の横繋がりの研修もしていただけることが、熊本講師ならではの引き出しの多さ、グローバルさだと思います。
また、研修を受けて変わり始めるリーダーたちを見て、サブリーダーたち自らが「研修を受けたい」と声をあげています。来期はサブリーダー研修をお願いいたします。

・社員を認めていたつもりでしたが、熊本さんと出会って、人が人を認めるという真の意味を教えていただいた気がします。人間力を一番開花させていただいたのは、経営者である私自身かもしれません。社員が熊本さんを慕う気持ちがよくわかります。「仕事は、人がするものです」とおっしゃった意味の尊さをかみしめています。

・研修で一番変わったのは、私自身ではないでしょうか。部下に対する考え方や態度が一年前とは明らかに変化してきています。また単に個々人の集合体がチームになるのではなく、そこで刺激し合うことで起こる人間同士のエネルギー反応のようなもの...を間に当たりにして正直驚きました。最初は、この方がほんとにあのパイオニア講師?と戸惑いましたが(笑)、熊本さんのナチュラルでいて人間味豊かな奥深さに感服です。変わることのできた自分を、今誇りに思います。ありがとうございました。

・講師の素晴らしいところは、本人が自ら気づき自ら動くように導かれること。講師が無理やり潜在能力を開花させるのではなく、講師との時に優しく、時に厳しい関わりの中で、所員の多くが「やらされている研修」から「自らやる研修」に変わった。所員一人ひとりの学びと気づきが、いかに社内を活性化させ、理念や目標達成への原動力になるのかが分かった。

・男性社員が多数を占める我が社にあって、女性ならではの感性、また色の視点が想像外で面白かった。人を扱う営業会社なので、お客様のタイプを色を通して理解する手法は非常に分かりやすく現場で役立っている。社内の中でも「○○さんは○色」と色が会社内の楽しいコミュニケーションツールになっている。

・社員が皆楽しんで取り組んでいた。講師の豊かな語彙力とユニークなワークで、思い込みを外し自信を取り戻す者も出て来た。そして一番の驚きは、社員全員が講師の方を向いたこと、向くようになったこと、ファンになったこと。成長する喜びと、成長したいという意欲を持って。笑顔が職場に増え、お客様にも褒められました。感謝です。また次回の研修もよろしくお願いいたします。

・講師自身の感じる力、聴く力、受け容れる力、ジャッジしない人間性、包みこむ優しさ。だからこそ、自分でも気づかなかったパワーまでもが豊かに開花してゆくのだと思いました。社員カウンセリングを、研修と並行して組み込んでいただいたことも、相乗効果でたいへんよかったと感じています。

・社員一人ひとりが得意としていること、苦手としていることも、客観的に理解することで、自分も社員もお客様に対しても一歩引いた目線で正しく分析できるようになりました。社員それぞれの特性を知っていく中で、これまでとは違ったアプローチで、さらに潜在的な個性を引き出すことの重要性を感じています。